■ページ本文テキスト■

「総合カタログ」で商品のラインアップを示し、問い合わせに応じて「単品カタログ」で詳細を解説するなどの使い分けが可能です。さらにオン・デマンド印刷では、複数のコンテンツを顧客の属性やニーズに合わせて必要な部分だけをピックアップし、出力段階で組み合わせることで無駄な情報の提供を抑止できます。顧客への宣伝・訴求のほかに、自社内における業務の推進、情報の共有を目的にしたカタログもあります。基本的な内容は同じでも、役職や管轄によって必要とする情報が異なる場合もあり、こうした活用においても、出力段階でコンテンツを組み合わせるなど、オン・デマンド印刷のメリットを発揮できます。商品の機能や特長、価格など、1枚には収まりきれない情報を写真とともに詳細に伝えられるカタログやパンフレット。購買を誘導する媒体であり、「会社の信頼やサービス」も商品として捉えると、営業報告書などもこれに含まれます。ドキュメントを活用する業種・業務例ほぼ全ての業種・業務DigitalPressジャンル別・印刷物サンプルSpreadEカタログ/パンフレット27商品カタログ28セールス・エイド16SpreadEカタログ/パンフレット一般に、エンドユーザー向け以外のものは、色数を抑えるなどして印刷コストが低減されてきました。オン・デマンド印刷には、訴求性の高いカラーの活用を限られた予算内で可能にする効果もあります。オン・デマンド印刷の場合、顧客に合わせて必要と思われる情報だけを組み合わせて仕上げることができます。また、必要な部数だけを印刷することによって、コストの低減にも寄与します。オン・デマンド効果オン・デマンド効果ojoj